通信制高校の選び方

通信制高校の学校説明会へ行こう!服装など元職員が教えるチェックポイント

通信制高校の学校説明会へ行こう!服装など元職員が教えるチェックポイント

通信制高校では新入生、転入学、編入学を検討する生徒や保護者向けに定期的に学校説明会を開催しています。

全日制高校では新入学がメインのため夏休みや二学期の三者面談が行われる前くらいの時期と限られています。

一方、通信制高校では転入・編入希望の生徒がいるためと、不登校など学校に不安を抱える生徒へ早くから高校進学に向けて安心してもらうことを目的に学校説明会が定期的に行われます。

女子生徒
女子生徒
学校説明会の服装は何を着ればいい?
男子生徒
男子生徒
通信制高校の説明会で確認する点は?
親
説明会に参加するメリットはある?

当記事では、学校説明会に参加するメリットをはじめ行く際の服装についてお伝えします。

私はこれまで8年間通信制高校の入学担当者として勤めてきました。

つまり、学校説明会を開催する側として新入生、転入生、編入生や保護者の方とお話してきました。

この経験からぜひ説明会でチェックしてもらいたいポイントやこれまでの面談を通して心配や不安が多かった箇所について解説します。

通信制高校の学校説明会とは?生徒・保護者共に必ず行くべきイベント

通信制高校の学校説明会とは?通信制高校の学校説明会とは?

通信制高校の学校説明会とは主に学校について知ることができるイベントで以下の流れで開催されることが多いです。

学校説明会の流れ
  1. 通信制高校の仕組みの説明
  2. 学校独自の特徴の説明
  3. 学校・キャンパス見学
  4. 学費・入試について個別相談

上記項目について合わせて2時間ほどかけ行います。

だるま室長
だるま室長
個別相談がなければもっと早く終了するのではじめは気兼ねなく行ってみて良いでしょう

実際に行っている通信制高校の授業に参加できる体験入学とは違うので、学校説明会は生徒だけの参加というよりは保護者と一緒に参加されるケースが多いです。

通信制高校の仕組みについては限られた時間の中で理解することは少し難しい場合があります。

また学校によっては、自校の特色をアピールしたいと思い十分な通信制高校の仕組みについて説明がないケースも考えられます。

通信制高校の仕組みについては、私が別記事にて詳しく簡単にお伝えしていますので、説明会に参加する前に予習されることをおすすめします。

通信制高校では学校説明会だけでなく学校について知ることができる機会として体験入学、個別相談会、学外イベントとして合同説明会などがあります。

体験入学、個別相談会、合同説明会の詳しい説明についてはそれぞれこちらをご覧ください。

合同説明会>>>合同説明会ってどんな感じ?通信制高校のブース担当者おすすめ参加方法

学校説明会の服装ベターは制服

学校説明会の服装学校説明会の服装

学校説明会の参加で悩む服装ですが、もし迷いに迷ったら制服で行ってしまうのが1番です。

基本的に学校説明会はどんな服装で行けばいいですか?と問い合わせると制服でも私服で構わないですよ、と答える通信制高校がほとんどです。

女子生徒
女子生徒
あれ着ていったら目立ちすぎるかな?
男子生徒
男子生徒
この服装はいい?あの服装はだめ?

など考えて悩むなら制服でいってしまったほうが手っ取り早いといえます。

ただ、制服が着たくない方もいますし私服がいいという場合、気をつけたいのは一般的なマナーです。

ピアスやアクセサリーでオシャレしたい方もいるかもしれませんが、学校の説明を聞くだけなので学校説明会でつけていく必要はないです。

髪の色については生徒の個性としている通信制高校も多いので気にすることはありません。

ただ、学校説明会に行く上でわざわざ明るくする必要もないでしょう。

生徒や保護者の方から「髪の色が明るいからといって不合格になりますか?」という質問をされることもあります。

私はいつもこうお答えしていました。

だるま室長
だるま室長
学校ではなく就職の面接にいって「この髪色で面接受けて落ちますか?」って聞きますか?

自分がその場に行く上でマナーとしても問題ないと考えれば行くべきだと思います。

ふさわしくないと感じるなら直すべきだと思います。

通信制高校では髪色や服装での規則について細かい指定はないところがほとんどです。

しかし、だからといってすべてが自由というわけでもありませんし自己責任が問われる学校生活になります。

何が伝えたいかというと、学校を見に行くという場所なので気負うこともなく気張ることもなく「相応な服装」で行ってほしいということです。

-スポンサーリンク-

通信制高校の学校説明会に参加するメリットは特に保護者にあり

学校説明会のメリット学校説明会のメリット

通信制高校の学校説明会に参加すると下記のメリットがあるため、通信制高校選びに必要です。

学費だけでなく、新しい学校で高卒資格が取得できるかという不安解消ができる点で、学校説明会への参加に大きなメリットがあります。

学校説明会メリット
  1. 学校の雰囲気を感じることができる
  2. 学費について詳しく聞ける
  3. 入試の不安を解消できる

最も大きなメリットは、学校の雰囲気を肌で感じることができる点です。

学校のパンフレットだけでは実際にどんな通信制高校なのかわからない点が多く、やはり説明会へ参加してみないとわからない点は多いです。

だるま室長
だるま室長
特に大きな学校は総合パンフレットが充実していますがキャンパスの紹介は少しなので目で見て肌で感じることは大切です

また、通信制高校の学費は全日制高校より少し難しいです。

特に転入、編入に関してはこれまでの高校在学期間や修得単位で卒業時期が変わる単位制の通信制高校という特徴もあり、パンフレットに書いてある金額と違うケースがあります。

だるま室長
だるま室長
パンフレットの募集要項の単位数は1年間で25単位などモデルケースで記載されている場合があります

新入学についても専門コースや通学日数に応じて費用が変わります。

転入や編入はもちろん、中学三年生の場合でも学費に関する相談ができる学校説明会に参加するメリットは高いです。

もちろん学費の支払いについて入学相談の担当者が親身に相談に乗ってくれますし、授業料については奨学金や高等学校等就学支援金を利用した分割払いができる学校もあります。

そして一番は、「学校に入る不安」や「卒業できるかの不安」を解消できる可能性が高いというメリットです。

学校に行くことができなかった不登校経験や高校を辞めたいと思って見学に来ているけど続けることができるのか、それは不安なことでしょう。

ネットで調べれば「通信制高校は誰でも受かる」と書かれていたりしますが、入学担当者であった私からすればそれは間違いです。

実際、毎年数名の不合格者を出したこともあります。

素行の悪さや不登校の問題というわけではなく、1番は「この学校で高校卒業できるか」です。

そのためには入学前の不安や高校生活での不安や疑問を学校説明会で相談することで生徒・保護者の不安解消ができる場所だと私は考えています。

入学担当者が教える学校説明会で確認しておくべきチェックポイント

学校説明会のチェックポイント学校説明会のチェックポイント

ここからは学校説明会でチェックしておきたいポイントについて、元入学担当者の目線で紹介します。

学校説明会で確認すべきポイント
  1. 通っている在校生の雰囲気
  2. 子供の「行きたい!」があるか
  3. 交通面と施設面の安全性
だるま室長
だるま室長
ここでは上記3点についてそれぞれ詳しく説明していきます!

在校生の雰囲気は掲示してある写真で確認

学校説明会に参加したときに確認したいことは在校生の雰囲気です。

授業風景を見ることができれば1番良いのですが、説明会が土日に開催されることもあるので見ることが難しい場合があります。

学校見学で先生や生徒がいたらまだ雰囲気も分かりやすいのですが、説明会は先生や生徒がいないほうが多いです。

では、どのように在校生の雰囲気を確認するかというと校舎に掲示してある写真です。

学校説明会では生徒がいないぶん、生徒の雰囲気を感じてもらいやすいよう行事やイベントの写真を掲示することが多いです。

見学の際にクラスや廊下に普段の生徒の様子の写真があれば、さりげなく見てみるといいです。

写真の掲示が少なすぎる学校も中にはあるかもしれませんが、それは何故でしょう…。

だるま室長
だるま室長
あまり見せたくない何かがあるのか、それともキャンパス自体に生徒が少なすぎるのか…

リアルなことをお話すればそんな可能性だってありますので、どんな生徒の写真があるのかだけでなくちゃんとキャンパスの生徒の写真が掲示されているかはチェックしましょう。

生徒が「行きたい」何かがあれば卒業できる

「通信制高校に入学するうえで明確な目的を持っているほうがいい」なんてことをネットでも目にしますが、そこまで大きく思ってネガティブになることもありません。

まずは、学校の雰囲気を感じてお子様(生徒)が「行ってみたい!」と思えることが大切です。

もちろんその学校でしかできないことや、その通信制高校に通う目的がきちんとあれば越したことはありません。

だるま室長
だるま室長
長男様が不登校経験されているシーアさんは興味のあるゲームを学べる学校にお子様が興味を持ち進学へのモチベーションがあがりました

高校卒業のための勉強と一緒に将来に役立つの資格取得ができる学校もありますし、声優やダンスなど他の高校では学べない特徴ある授業が受けれる学校もあります。

保護者の意思も大切ではありますが、1番は子供が意欲的に行きたいと思い自発的に行動ができることで学校は通えるようになると私は思っております。

入学する本人が「やりたい」と思えることが学校にあるというのが確認したいチェックポイントのひとつです。

通学面で苦はないか・施設は清潔で安全か

学校説明会で確認したいのは、校舎の中がキレイに保たれているかどうかという点もあります。

基本は教室内がキレイに整理整頓されているかはもちろん、トイレがきれいかどうかやエアコンの吹き出し口にホコリがこんもり溜まっていないかなど、清潔さについては確認しましょう。

また意味不明な場所や違和感のある箇所にポスターなどが掲示してある場合も確認したい点です。

なぜかというと…そこには穴が開いていたり消すことが難しい落書きがある場合もあります。

だるま室長
だるま室長
説明会は学校をPRしたい場所というのもわかりますが少し荒れている学校であったりすることもポスターの位置などでもわかるものです

高校生は情緒不安定な時期でモノにあたったりすることもあるのはわかります。

ただ不安定からくる傷とそうでないものはあるのでしっかり確認したいところです。

また、通信制高校やサポート校は全日制高校と比較しても駅チカキャンパスが多いです。

交通の便はもとより、高校生として誘惑の多すぎる場所であったり治安に不安な場所のケースもあります。

そういった面でも実際にパンフレットだけで決めるのではなく学校説明会に参加することでわかることなのでおすすめです。

-スポンサーリンク-

まとめ:学校説明会は気軽に参加!その前に資料請求で数校に絞る

当記事では通信制高校の説明会のメリット、チェックポイント、服装について解説しました

大事なことなのでもう一度お伝えしますが、説明会参加のメリットは学校の雰囲気を感じることができ、学費について詳しく聞け、入試の不安を解消できるところです。

学校説明会で確認すべきポイントとしては、通っている在校生の雰囲気と交通、施設の安全性を見て子供が「行きたい!」学校かを確認すること。

そして服装は制服がベターで私服でもマナーを守って参加すれば大丈夫です。

学校説明会に出席するのは緊張することもしれません。

入学前に学校を見て、触れて、感じることができる機会はあまりないのでこの機会を大切にしましょう。

だるま室長
だるま室長
もしかしたら同じ説明会に参加してことがきっかけで入学前に友達ができることだってあります

ただ、学校説明会は移動や時間もかかるので思ったより体力をつかいます(^_^;)

学校説明会に行く通信制高校を決める上では事前のパンフレットで検討することを強くおすすめします。

通信制高校の一括資料請求サイトを利用すれば学校のパンフレットはすぐに手に入れることができます。

そこから保護者の親目線、生徒の子供目線でそれぞれ学校説明会に参加するなんてこともいいですね。

一括資料請求をすれば直近の学校説明会の案内も同封されますので情報収集としてもおすすめです。

ぜひ、学校説明会を利用してあなたにぴったりの通信制高校が見つかりますように。

ズバット通信制高校比較ズバット通信制高校比較

通信制高校一括資料請求サービス『ズバット通信制高校比較』を使えばキャンパス数1,000以上の学校の資料を無料で取り寄せられます。

簡単入力で一括資料請求でき複数の学校をまとめて資料請求できます。

資料請求は幅広くし、見学は絞っていくことをおすすめします!

※入力フォームに「電話NG」と記入すれば営業電話がかかってくる心配は一切なし

\おすすめ一括資料請求サイト/