通信制高校の悩み・疑問

通信制高校で人生終わり?1000人の進路を見届けて分かった結論

通信制高校で人生終わり?1000人の進路を見届けて分かった結論
当記事は

通信制高校に入学したら人生終わり?について元キャンパス長が解説します。

通信制高校へ入学、転入すると「人生終わった」とネガティブなイメージを持つ人がいます。

結論、私が通信制高校にいたとき1000名以上見届けましたが、通信制高校で人生終わりだった人は0.2%でした。

ここでは、悪いイメージを持たれている通信制高校の本質や、高等学校の大切さについて解説します。

これから進学予定の人や、現在通信制に通っている人もぜひご覧ください。

通信制高校に入っても人生終わりじゃない

主な出身校
  1. 指原莉乃(クラーク記念国際高等学校)
  2. 広瀬すず(あずさ第一高等学校)
  3. 平野紫耀(飛鳥未来高等学校)
  4. 岡田将生 (クラーク記念国際高等学校)
  5. 藤田ニコル(飛鳥未来高等学校)
  6. みちょぱ (N高等学校)
  7. 竹内智香/スノーボード選手(クラーク記念国際高等学校)
  8. 南山千明/サッカー選手(立志舎高等学校)
  9. 福永春吾/プロ野球選手(クラーク記念国際高等学校)

まずこのような通信制高校出身の著名人たちを見ても、人生終わりといえるでしょうか。

今芸能界やスポーツ界で活躍している人の中には、これだけ多くの通信制高校出身者がいることを忘れてはいけません。

それだけではありません。

上場企業で代表取締役をされている方や政治家。

そんな第一線で活躍されている方の中にも、通信制高校を経て活躍されている人もいます。

これだけ見ても、通信制高校に進学したら人生が終わった…。

なんて言える人は、かなり少なくなるのではないでしょうか。

通信制高校で人生ダメになった人

男子生徒
男子生徒
元々芸能の仕事をしていて通学できないから通信制に行ったんでしょ
女子生徒
女子生徒
自分にはこんな才能なんてない

という人もいるかもしれませんが、通信制高校で人生ダメになった人はいません。

ここでは、別の視点から通信制高校で人生がダメにならないことを解説します。

高卒資格

通信制高校は学校教育法の一条校です。

卒業に必要な単位を修得すれば、全日制高校と同じ高校卒業資格を取得できます。

かなり昔は履歴書などの経歴で、高校の横に通信課程と記載していましたが、今は書く必要はありません。

普通の高校と同じように書けるため、就職や進学に通信制高校だから不利になることはありません。

だるま校長
だるま校長
私が担当した卒業生たちも、進学・就職それぞれ不利なことはありませんでした

進路

通信制高校卒業後の進路」でも紹介していますが、全日制高校と通信制高校の就職率はさほど変わりません。

専門学校や大学進学についても問題なく、AO入試や推薦枠の受験も可能です。

受験の際、履歴書などが妨げになることはありません。

通信制高校出身だから、進路が決まらず人生がダメになることはありません。

だるま校長
だるま校長
中には高卒を目指したい、フリーターをしながら夢を叶えたい、という生徒もいるため進学率は劣ってしまいます

環境変化

令和2年度の高等学校教育の現状について」によると、通信制高校の生徒数は197,696人。

定時制高校の生徒数を抜き全体の5.9%が通信制で、環境も変わってきています。

卒業に必要なレポート・スクーリング・試験の原則。

これは変わりませんが、スクーリング日数減やオンラインの導入でサポート体制も劇的に変化しています。

先生や生徒同士のやり取りが全日制より少なくネガティブだった通信制も、今は明るいイメージです。

-スポンサーリンク-

こんな人は通信制校に入学してはだめ

これだけでも通信制高校に入学したら人生終わったと思う人は少ないと思うのですが、反対に入学してはダメな人。

それはどんな人かといえば、自己管理できない人は通信制高校に入学してはいけません。

通信制高校の基礎は、自学自習。

そのため全日制高校より通学日数が少なく授業数も少ないため、自分で管理する力が試されます。

少し厳しい言い方をしますが…

通信制より全日制のほうが流れに乗ってしまえば担任のサポートを受けながら卒業ができるため楽とも言えます。

レポート提出、スクーリング授業への出席、卒業後の進路。

これらを自分で管理し決めていく力がない人は、通信制高校でついていけずダメになってしまう可能性があります。

だるま校長
だるま校長
それほど通信制高校生はしっかりしていると感心することが結構ありました

高校やめたら人生終わり

「通信制高校で人生終わった」と同様に「高校やめたら人生終わり」と聞きますが、残念ながら半分は合っています。

なぜなら進学に関しても、就職に関しても、要件として要高卒資格となっているところが今の日本には多いのです。

高校を中退すると最終学歴は中卒になり、進学就職で不利な扱いを受けます。

就職しようとしても中卒では応募すらできない企業もあります。

就職できても「中卒」という理由だけで、待遇が全然違う企業があるのも事実です。

また、進学においても「高校卒業もしくは同等以上」となっている学校には受験すらできません。

いくら学歴社会ではないと言われている現在でも、進学先や就職先の足切りをくらってしまうのが現実です。

どんなに優秀な人物でも、どれだけスキルがあっても。

求められる履歴書に書けなければ、人生が終わったと感じてしまうこともあるでしょう。

それほど、高卒資格というものはまだ重要な資格ということを痛感しています。

だるま校長
だるま校長
これだけ多くの芸能人が通信制高校を利用して卒業資格を取得していると思うと、事務所も高校資格を重要視しているということに納得です
-スポンサーリンク-

通信制高校で人生終了なんてさせない

冒頭では、通信制高校で人生が終了した人は0.2%とお伝えしました。

私が通信制高校で働いていた約10年間、1000名以上の生徒で人生終了になった生徒が2名います。

【自殺】です。

1人は在学中に命を絶ってしまい、もう一人は卒業してから数年後、その訃報を聞きました。

自分だけでなく通信制高校で働いていた職員、先生、その子たちの友達。

みんながショックし、そして今でも癒えない傷のような気持ちでいます。

何が言いたいかというと、生きていれば人生終了なんてことは絶対にありません。

ただ、亡くなってしまえば残念ながらその人生は終わってしまうんです。

通信制高校で働く先生たちはみな、入学してくる生徒のことを思っています。

一人ひとりを思い気遣い、そしてこれまで経験できなかった高校生活の楽しみを作る為に必死です。

中学校時代の不登校経験や、高校生活での人間関係の悩みなどを共有しています。

全日制高校よりも人数が少ない分、温かい学校づくりをしているのが通信制高校だと私は強く思ってます。

本当に心の悲しみが消えませんが、人生を終わらせないためにサポートし続けたいです。

だるま校長
だるま校長
通信に行ったら人生オワタなんて言わせないぞ

さいごに

これまで多くの通信制高校で学ぶ生徒と関ってきました。

卒業式の時「学校生活どうだった?」と聞いて、「ここ来て終わったわ」といった生徒はいませんでした。

ただ、通信制高校に来て終わったと思うことがあれば、それは自己管理という問題にしっかりと向き合うことがひとつ。

そして、その通信制高校が自分に合っているかをしっかりと見極めることです。

通信制高校多くは体験入学や学校説明会を通し、学校の仕組みや雰囲気をつかむことができます。

見学に行かずとも通信制高校へ資料請求した後、オンラインで担当の先生と話ができます。

現在の通信制高校は生徒の多様性を認め、これまでの学校とひと味違うものにしてくれます。

個性を重視しながら学習のサポートから将来の就職や進学の支援をしてくれる場所です。

ぜひ気になる通信制高校の相談会に参加し、人生を楽しくしていける進学先の1つに入れてみてください。